厚生労働省認可 専修学校 国際東洋医療大学

鍼灸学科について

  • 昼間部
  • 夜間部
  • 3年制

「医療」と「美容」のスペシャリスト

3年間で、はり師・きゅう師の国家資格取得とともに、心身の「健康と美」を引き出せる鍼灸師を育てます。鍼灸を中心とした、伝統的な「東洋医学」と、科学的な手法を用いる「現代医学」、そして「美容」に関する知識と技術を学び、健康の促進に加えて心身の美しさを生み出せる人材を育成します。美容やリラクゼーションの分野でも注目を集めている鍼灸を学び、人の痛みを感じて心に寄り添えるスペシャリストになりましょう。

鍼灸学科の特徴

「東洋医学」「現代医学」の両方を学ぶ

伝統と経験の積み重ねを大切にする「東洋医学」と、科学的な見解や根拠に基づいた手法の「現代医学」。この双方の理解を深め、確かな技術と幅広い知識を身に付けた人材を育てます。

「美容」の知識と技術で美しさを提供できる人材に

非常に需要が高まっている美容鍼灸に対応できるように、「美容」に関する授業も多く実施します。心やからだのトラブルを回復するための役立て方を学び、むくみ解消法やリフトアップの技術を身に付けます。

個別指導による国家試験対策

国家試験対策として授業時間外にベテラン教員が行うパーソナルサポートを充実させています。学生一人ひとりの理解度や進度に合わせて指導し、一丸となって全員で国家試験合格を目指します。

鍼灸師とは︖

鍼灸師とは「東洋医学の専門家」です。具体的にはからだのエネルギー(気)の流れやツボなど、東洋医学の理論に基づいて、細い鍼やもぐさで刺激を与え、心身を整え人が本来持っている「自然治癒力」を引き出し、痛みの治療や健康維持を図ります。また鍼灸師は「国家資格」です。鍼灸師になるには、国が指定する養成校で知識と技術を修得し、国家試験に合格する必要があります。鍼灸師といっても国家資格は「はり師」と「きゅう師」の2つに分かれていて、共通科目が多いため、大半の人が2つの資格を同時に取得しています。

既得単位認定制度について(昼・夜共通)

  • ① 既得単位認定制度は本学院入学前に大学・短期大学・専門学校等の専門課程で履修した単位について、本学院における教育内容に相当すると認められる科目の単位認定を行う制度です。必要書類を提出後に認定審査を行い、既得単位認定を行います。認定された科目は、試験の受験、授業への出席が免除されます。
  • ② 下記養成施設において既に履修した科目についても既得単位として免除することができます。
    あん摩マッサージ指圧師・鍼師・灸師・柔道整復師・保健師・助産師・看護師(準看護師)・歯科衛生士・診療放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床工学技士・義肢装具士・救急救命士、その他 ※既得単位が認定されても学費の減額、修業年限の短縮はありません。