厚生労働省認可 専修学校 国際東洋医療大学

教員紹介

鍼灸学科

本校の卒業生たちが医療のすばらしさを伝える


藤 祐介

大切なのはコミュニケーション

「相手の立場で考える」を大切に、患者さんのためになる鍼灸師を一人でも多く輩出することを目標に掲げ日々生徒を指導しています。私自身本学院の卒業生であり、在学中は“患者さんとの接し方”を学んだ臨床実習の授業が一番記憶に残っています。現代社会においては、ストレスや環境の変化から様々な病気をもつ人が増えています。これからの鍼灸師に求められるのは専門的な知識や経験だけではありません。在学中、自分も多くを学ぶことができたように、生徒たちにはコミュニケーションの大切さを学生生活の中で学び取り、また実践できるよう前向きに進んでもらいたいと思います。


加藤 秀寿

医療人として医師に負けない鑑別眼

私が国際東洋医療学院に入学したきっかけは、当時勤めていた整骨院院長の勧めでした。本学院では実技だけでは学びきれないあらゆる知識を学ぶことができました。特に私が興味を持ったのは鍼灸師であっても、医師に負けない疾患の鑑別眼の必要性。教員として教壇に立つ今は、生徒たちが幅広い場で活躍できるように、東洋医学だけではなくデータに基づいた西洋医学の授業を行っています。そして生徒たちと接する上で大切にしているのは、まずは何事にも挑戦する行動力!数多くの失敗から人間の厚みが増し、病める患者さんにも懐の広い施術を提供できるような人材に成長してもらうことを目標として指導にあたっています。


安達 悠介

日常生活に当てはめたイメージで距離感の近いアプローチを

私は学院開校時、事務職員として勤務していましたが、先生や生徒さんたちの学ぶ姿勢に心動かされ自分自身も入学することを決めました。そして昔からの夢であった、教師という仕事をこの学院で叶えたいという思いもあり、現在は教員として、解剖学・臨床鍼灸実技を担当しています。授業をするにあたっては苦手な科目も日常生活に当てはめてイメージさせるよう心がけていて、これは将来患者さんに対し分かりやすく病態を説明するなど接し方にも繋がってくることだと思っています。医療人として患者さんに寄り添い、分かりやすく、距離感の近いアプローチができる。そんな人材を育てていけるように日々尽力しています。