厚生労働省認可 専修学校 国際東洋医療大学

スポーツトレーナー専攻コースについて

  • 2年制

国家資格を持った、プロのトレーナーを目指す

医療国家資格(柔道整復師or鍼灸師)の取得を目指すことに加えて、スポーツ専門知識を学ぶコースです。より深く「コンディショニング」に関わりたいと、スポーツ関連学科を卒業後に医療国家資格取得を目指す学生が多くなっている現状を受け、2017年度に新設されました。柔道整復学科もしくは鍼灸学科で資格取得を目指しながら、同時にスポーツの専門知識を学びます。

スポーツトレーナー専攻コースの特徴

特徴その1

2年間でスポーツトレーナーに必要な資格を取得

「より深くコンディショニングに関わっていきたい」、「ケガの治療まで行えるトレーナーになりたい」などの希望を叶えます。即戦力になるための技術・知識を学び、信頼されるスポーツトレーナーになるために3つの資格取得を目指します。

特徴その2

国家資格を持ったスポーツトレーナーになれる

3年間で国家資格(柔道整復師・鍼灸師)合格を目指すと同時に、2年間でスポーツトレーナーに必要な資格の取得を目指します。同時進行で資格を目指すので、最短で国家資格を持ったスポーツトレーナーの道が拓けます!

特徴その3

現場実習がある

実業団やプロスポーツ(野球、サッカー等)、高校などで現場実習を行います。一流トレーナーの活動を間近に見ることができるので、とても貴重な経験を積むことができます。またフィジカルテスト等を行う、トレーナーの指導を体験できる授業も予定しています。

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーとは、スポーツ競技において、選手が最高のパフォーマンスを発揮するために、最高のコンディションを提供する仕事です。具体的には、トレーニングの指導など肉体機能を向上させることや、怪我や故障の予防、応急処置などが挙げられます。選手の身体に触れることが多い仕事なので、殆どのトレーナーが医療系の資格を取得しています。特に鍼灸・柔道整復の資格を取得している方が多いです。プロスポーツのチームに所属して働く方もいれば、スポーツジムや鍼灸整骨院などで勤務される方もいます。それ以外に、試合や大会に派遣されて、必要なタイミングだけ働いている方も。近年は、パーソナルトレーナーなど一般の方に向けた仕事も増えている、今注目の業界です。

スポーツトレーナー専攻コースで目指す3つの資格

(初級)障がい者スポーツ指導員

実業団やプロスポーツ(野球、サッカー等)、高校などで現場実習を行います。一流トレーナーの活動を間近に見ることができるので、とても貴重な経験を積むことができます。またフィジカルテスト等を行う、トレーナーの指導を体験できる授業も予定しています。

NSCA-CPT(認定パーソナルトレーナー)

アメリカで最も権威ある非営利教育団体NSCAが認定する資格。国内外で認知されており、プロ野球やJリーグ、ラグビートップリーグでも資格取得者が活躍中。

各種の救急法資格

スポーツ現場でのケガや急病、心肺蘇生法、AED、傷の手当てなど応急手当ができる人材になるための各種の救急法資格。手当の基本から搬送、救護までの知識と技術の取得を目指します。

既得単位認定制度について(昼・夜共通)

  • ① 既得単位認定制度は本学院入学前に大学・短期大学・専門学校等の専門課程で履修した単位について、本学院における教育内容に相当すると認められる科目の単位認定を行う制度です。必要書類を提出後に認定審査を行い、既得単位認定を行います。認定された科目は、試験の受験、授業への出席が免除されます。
  • ② 下記養成施設において既に履修した科目についても既得単位として免除することができます。
    あん摩マッサージ指圧師・鍼師・灸師・柔道整復師・保健師・助産師・看護師(準看護師)・歯科衛生士・診療放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士・臨床工学技士・義肢装具士・救急救命士、その他 ※既得単位が認定されても学費の減額、修業年限の短縮はありません。